賃貸物件

リロケーションの金額や価格の傾向について

転勤など何らかの理由で所有者が持ち家に住み続けられない場合に、一定の期間だけ賃貸として貸し出している物件のことをリロケーション物件と言います。リロケーション物件は戸建てやマンションなど様々ありますが、家賃に関しては相場よりも安めに設定されていることが多い傾向にあります。なぜならば、通常の賃貸物件の場合は契約を更新すればそのまま住み続けることができますが、リロケーション物件の場合は基本的に契約更新ができないことになっているからです。現在ではリロケーション物件を扱っている不動産業者も多くなってきていて、一定期間だけその地域に住む人や、将来的に住居の購入を考えている人などが仮の住まいとして契約をする人も増えています。

リロケーション物件に関しては、以前は法律が明確でなかったこともあり、契約期間が終了しても退去しないなどで借主と貸主がトラブルになるケースもたびたびありました。しかし、借地借家法で2000年に定期借家権が導入されて期限付きで持ち家を賃貸住宅にできると定められたたため、以降転勤等が決まった場合に持ち家を貸し出す人が増え、不動産業者でもリロケーション物件を扱うところが増えてきたという背景があります。リロケーション物件の場合は通常の賃貸借契約とは異なり、定期借家契約を結ぶことになります。通常の賃貸借契約との違いは、契約期間を貸主が独自に設定でき、期間が長くても賃貸借契約のように更新料を支払う必要がないと言う点にあります。